P902iでSD-Audio、SD-Video、Bluetoothを徹底活用

「かんたん換太郎」「DIGA」「VIERA」で! - P902iでSD-Video(動画)を徹底活用

再生まで「7ステップ」かかるがへこたれるな!変換したSD-VideoをP902iで再生せよ

かんたん換太郎 for ZAURUSやDIGA、VIERAで用意した動画をP902iで再生してみましょう。P902iでは動画はすべて「iモーション」として扱われます。ので、「データBOX」から「iモーション」をたどって行く感じになります。でも、そこから先がまたメニューの階層が深かったりするので、以下の手順を参考にして再生してください。なお、SDオーディオのときと同様に、ショートカットキーを習得しておいたほうがいいでしょう。かんたん換太郎やDIGAで用意した動画を再生するときのショートカットキーで表現すると、「メニュー」→「決定」→「2」→「4」→「1」→「決定」→「決定」という7ステップになります。これがほぼ1秒で操作できるようになれば、あなたも“P902iのSD-Videoマスター”です!

「メニュー」→「データBOX」
[写真1] かんたん換太郎 for ZAURUSやDIGAで動画を変換できたので、P902iで再生しましょう。まずは、「メニュー」ボタンを押して「データBOX」を選択します。
「データBOX」→「iモーション」
[写真2] 「データBOX」では「iモーション」を選びます。P902iで動画は「iモーション」と呼ばれています。
「iモーション」→「miniSD」
[写真3] どこに入っている「iモーション」(動画)を選択するか選ぶ画面になります「miniSD」を選択しましょう。
「miniSD」→「ムービー/アナログTV」
[写真4] さらにminiSD内のどのようなタイプの「iモーション」(動画)を選択するか選ぶ画面になります。かんたん換太郎 for ZAURUSやDIGA、VIERAの地上アナログ放送、AQUOSで用意した動画は「ムービー/アナログTV」扱いになります。ここではこれを選びます。ちなみに「デジタルTV」は、VIERAで地上デジタルやBSデジタルをminiSDに録画した場合に選択します。
「ムービー/アナログTV」→「PRL001」
[写真5] いいかげん動画が見られそうなものですが、残念ながらまだフォルダ選択をしなければなりません。「PRL001」を選びます。
「PRL001」
[写真6] ようやく動画の一覧が登場! これを選択すると…(→写真7)
動画再生中
[写真7] おめでとうございます! P902iで動画が再生されました。なお、「メールキー」を押すと、1.25倍再生モードになったりして“早見”ができたりします。
デジタルTV
[写真8] VIERAで地上デジタルやBSデジタルの番組を録画した場合は「デジタルTV」を選びます。
録画番組一覧
[写真9] 録画された番組の一覧がすぐに表示されます。「デジタルTV」ではフォルダ管理機能がないようです。でもその分、1ステップ少なく再生できるのが嬉しいですね。

ここからは「知っておくとちょっと得した気分」になるP902iのSD-Video再生機能を紹介しましょう。一つは「全画面表示」。もう一つは、DIGAでテレビ番組を録画した場合だけ有効な「タイトル初期化」です。

一時停止 → 機能 → 機能メニュー2/2 → 横全画面表示
[写真10] 全画面表示にするにはまず動画をいったん再生させ、一時停止します。続いて「機能メニュー」を開いて2ページ目にある「横全画面表示」を選びます。
全画面表示
[写真11] 横向きで画面いっぱいに動画が表示されました。ただ、電池残量や電波強度、時計の表示がじゃまですけど、これを消すことはできないようです。
機能メニュー → タイトル初期化
[写真12] DIGAで録画したSD-Videoなら「MOL001」という無味乾燥で意味不明な名称を録画した番組のタイトルに変えることができます。リスト一覧を表示しているときに「機能メニュー」を開いて、「タイトル初期化」を選択します。
MOL001 タイトルを初期化しますか?
[写真13] 「MOL001 タイトルを初期化しますか?」という表示が出ます。ここで「YES」を選択します。
リストに番組タイトル
[写真14] ここでは「英語でしゃべらナイト」を録画したSD-Videoだったので、それがリストに表示されるようになりました。

「わーい、ビデオがP902iで見れるようになったよ!」とうれしくなると、たくさんの動画をminiSDカードに放り込みたくなるものです。できるだけ容量の大きいminiSDカードがあったほうがいいですよ。ワタシなんてSD-Audioも同じminiSD一枚に入れてるので、1GBのminiSDカードでも容量が小さいなぁ、なんて感じちゃっています。というか、「テレビ録画のビデオ専用」にminiSDカードを追加で用意しようかと思案中だったりします。なお、念のためのご注意。「SD-JukeboxでSDオーディオ」のところでも書きましたが、P902i以外を使っている方でこのページを参考にしようとしている方に注意点があります。それはminiSDカードの容量。P902iとP702iは最大1GBですが、P901iTVは最大512MB、P901iSとP701iDをはじめとしたそれ以前のP900i、P700iなどは最大256MB――までしか対応していません。対応している容量でできるだけ大容量なタイプを選びましょう。P902iよりあとに出たP902iSなら、miniSDの規格上最大容量の2GBまで対応しています。

P902iでSD-Videoを見るとき、当然ですけどヘッドホンとかで音を聞きますよね。でも、ぜったいケーブルがぶらーんとなってジャマなことこの上なし。そんな人は「Bluetoothヘッドセット」の導入を考えてみませんか? 興味がありましたらこのサイト内にある「Bluetoothヘッドセット」のページを読んでみてください。

>> 「かんたん換太郎」「DIGA」「VIERA」で! - P902iでSD-Video(動画)を徹底活用 全体へ