P902iでSD-Audio、SD-Video、Bluetoothを徹底活用

ワイヤレスイヤホン/ワイヤレスヘッドホン - P902iでBluetoothを徹底活用

ネックバンド「DR-BT21G」、密閉型ヘッドホン「DR-BT50」をワイヤレス接続せよ

そこそこ長い期間愛用していた「DR-BT30Q」。ここはP902iのサイトですが、今はワンセグ端末P903iTVをバリバリ使ってます。P903iTVもBluetoothを搭載してる訳ですが、なんとDR-BT30Q、SD-Audioを聴くことはできても、「SCMS-T」という著作権保護機能に非対応なのでワンセグの音声を再生することができません。

あまりにもDR-BT30Qを愛用していたので、Bluetoothワイヤレスヘッドホンの新製品をまったくチェックしてなかったのですが、調べてみるとソニー(SONY)から2製品新しく発売されているじゃぁありませんか。ということで、「DR-BT21G」と「DR-BT50」を衝動買い。このページではDR-BT21GとDR-BT50をP902iで使う方法や使った印象を書いておこうと思います。

ネックバンドタイプのBluetoothヘッドホンのDR-BT21Gは、とにかく軽いのが印象的です。折りたたむと手のひらサイズになるので収納に困りません。ちょっと問題があるとすれば、ネックバンド部分が折りたたみ機構の関係でちょっとVの字になっていて、シャツの襟にひっかかることがあることでしょうか。

DR-BT21G
[写真1] ネックバンドタイプのBluetoothヘッドホン、ソニーの「DR-BT21G」。9980円で購入しました。1万円を切るそこそこの価格なんですけど、ネックバンド部分のプラスチックがちょっとチープな感じです。カラーはブラックとホワイトがありますが、私はブラックを購入しました。
DR-BT21G 折りたたみ状態
[写真2] DR-BT21Gを折りたたんだ状態の写真です。大きさ的には両手でちょうど包み込めるぐらいのコンパクトさになります。
DR-BT21Gのボタン解説
[写真3] 「DR-BT21G」のマニュアルから本体の操作ボタン解説ページの抜粋です。ボタン類は右側に揃っており、ボリューム調節ボタンは上部に、曲送りのスイッチ(ジョグスイッチ)は後方側に配置されています。ジョグスイッチは小さいですが、曲送りや再生/停止の操作はしやすいです。また、ハンズフリー用の「マルチファンクションボタン」は細長いデザインになっています。

密閉型ヘッドホンタイプのDR-BT50は、これまで多かったチープな感じのBluetoothヘッドセット/ヘッドホンと違って、一般的なヘッドホンに引けを取らない本格的で満足のいく製品です。その分、お値段も1万9800円と本格的ではありますが……。

DR-BT50
[写真4] 密閉型ヘッドホンを採用したソニーの「DR-BT50」です。1万9800円もするだけあって、イヤーパッド部分も頭のてっぺんに来るヘッドバンド部分もやわらかなクッションで出来ていて装着感は最高です。もちろん頭のサイズに合わせて「スライダー」を動かすことによって耳と頭全体がフィットするようにできます。
DR-BT50 折りたたみ状態
[写真5] DR-BT50を折りたたむとヘッドバンドに包み込まれるようにコンパクトになります。また、専用の収納ポーチが付属しているのもグッドです。
DR-BT50のボタン解説
[写真6] 「DR-BT50」のマニュアルから本体の操作ボタン解説ページの抜粋です。ボリューム調節ボタンと曲送りのスイッチ(ジョグスイッチ)は並んで配置されています。慣れるまでは「音量調節のつもりが曲送りに…」などと操作ミスをワタシはしてました。ジョグスイッチは小さいので再生/停止の操作(ジョグスイッチを押す)はちょっとやりづらいかもしれません。要は慣れですね。なおフォルダアイコンのボタンがありますが、これは対応するウォークマン専用で残念ながらP902iなどでは使用できません。

それではDR-BT21Gを例としてP902iに認識させる手順を見ていきましょう…、って他のBluetoothヘッドホンと手順はほとんど同じなんですけど、わかりやすさ優先で他のページと似た流れで書きます。DR-BT50も同じ手順ですのでご心配なく。

DR-BT21Gをペアリング状態に
[写真7] 右耳側の「POWER」ボタンをかなり長く押しっぱなしにしてペアリング状態にします。LEDランプの青と赤が点滅を繰り返すようになれば準備OKです。
Bluetoothアイコンを選択
[写真8] Bluetoothの設定画面を呼び出します。「メニュー」ボタンを3回押してこの画面にしてください。そして「Bluetooth」アイコンを選びます。
Bluetoothメニュー → 接続機器リスト
[写真9] Bluetoothのメニューが表示されます。1番目の項目「接続機器リスト」を選びます。
接続機器リスト → サーチ
[写真10] 接続機器リストの画面が表示されます。「メール」キーで「サーチ」機能を実行します。
サーチ 機器検索中
[写真11] DR-BT21Gがペアリングモードになってるので、「機器検索中」の画面で「1件検索」と表示されます。すると……(→写真12)
接続機器リスト
[写真12] 接続機器リストの画面に戻って、「DR-BT21G」が一覧に現れれます。これを選択すると……(→写真13)
機器登録 未登録機器です 登録しますか? → YES
[写真13] 「未登録機器です 登録しますか?」と表示されます。「YES」を選択します。
機器登録 端末暗証番号は?
[写真14] 端末暗証番号の入力が求められます。シークレットモードなどで使うP902i本体の暗証番号です。もし、何も暗証番号をP902iに設定した記憶がなければ「0000」です。
Bluetoothパスキー Bluetoothパスキーを入力してください
[写真15] 「Bluetoothパスキー」の入力が求められます。「決定」ボタンを押してください。
パスキーは「0000」
[写真16] DR-BT21Gのペアリングで必要なパスキーは「0000」(ゼロ4つ)です。「0」キーを4回押して「確定」ボタンを押しましょう。
Bluetoothパスキー 0000
[写真17] Bluetoothパスキーの入力欄に「0000」が入力されたので「確定」ボタンを押します。
DR-BT21G 機器登録完了しました
[写真18] P902iにDR-BT21Gが認識され、登録されたことを示す画面が表示されます。これはいわば、ケーブルでP902iとヘッドホンをつないだような状態になった感じです。
DR-BT21G → オーディオ
[写真19] これだけではまだヘッドホンを利用できる状態にはなってません。具体的にヘッドホンをどの用途で使うかを指示しなければなりません。ここでは、P902iのSDオーディオ再生機能を使って曲を聴きたいので「オーディオ」のサービスを使えるようにしてみましょう。ちなみに、P902iが「オーディオ」と呼んでいるものは、技術的に言うと「A2DP」(ステレオ音声伝送)プロファイルと「AVRCP」(音声・ビデオのリモート制御)プロファイルによる接続のことを指しています。
機器接続 DR-BT21Gと接続しました
[写真20] この画面がP902iに表示されたらSDオーディオやiモーション(SD-Video、動画)の音声をDR-BT21Gで聞ける準備が整っています。
SDオーディオ Bluetooth機器への出力を開始しますか?
[写真21] SDオーディオで音楽を再生してみましょう。Bluetoothの設定で「オーディオ」を有効になっているときは、曲の再生直前に一度だけこのサブ画面が表示されます。「YES」を選択しましょう。

DR-BT21Gでハンズフリー通話ができるように設定しておきましょう。1度設定してしまえば、DR-BT21Gの電源をオンにするだけで、ハンズフリー通話ができる状態になります。

Bluetoothアイコンを選択
[写真22] Bluetoothの設定画面を呼び出します。「メニュー」ボタンを3回押してこの画面にしてください。そして「Bluetooth」アイコンを選びます。
Bluetooth → 接続機器リスト
[写真23] Bluetoothメニューが表示されるので、「接続機器リスト」を選択します。
接続機器リスト → DR-BT21G
[写真24] 接続機器リストの画面が表示されます。DR-BT21Gが登録されていることがわかります。これを選択しましょう。ちなみに、「A2DP」が緑色になっているのは「オーディオ」でDR-BT21Gと接続していることを示しています。
DR-BT21G → ハンズフリー
[写真25] DR-BT21Gのメニューが表示されます。2番目にある「ハンズフリー」を選びます。
機器接続 DR-BT21Gと接続しました
[写真26] 「機器接続 DR-BT21Gと接続しました」と一瞬表示されます。これでDR-BT21Gで電話の着信や発信ができる状態になりました。なお、これについては1度設定すれば、DR-BT21Gの電源を入れるだけで自動的に接続してくれます。

ハンズフリー接続でDR-BT21Gで着信した電話を受けるには、着信は右耳側の「マルチファンクション」ボタンを押すだけでOK。発信のときはダイヤル発信の後、発信ボタンを長押しすればOK。ちなみに発信時にマルチファンクションボタンを長押しすると、リダイヤル発信になります。

「DR-BT21GやDR-BT50Gがどんな製品なのか」ということを箇条書きで挙げていきます。ソニー製品なので、基本的にDR-BT30Qと似たような説明になってしまいますが、念のため。

まずはDR-BT21Gのほうからです。

そして私がメインで使っているDR-BT50についても述べましょう。

さて、DR-BT30Qのページで『「ぶら下げるタイプじゃないBluetoothヘッドセット・ヘッドホン」を現状で買うならDR-BT30Qを選ぶのが最良!――というぐらいワタシ的に超オススメの製品です。というほど、オススメなので、これまでワタシに会うBluetooth製品を探す旅を続けてきましたが、よほどのことがない限りDR-BT30Qをしばらく使い続けることでしょう』と書きました。“よほどのこと”程ではありませんが、「ネックバンドタイプのほうがいい」とかP903iTVをそのうち買う、というか持っている、のであればDR-BT21Gは値段もそこそこなのでオススメできます。一方のDR-BT50ですが、値が張るものの「品質の高いBluetoothヘッドホンが欲しい」のであれば、現状では最良の選択肢かと思います。

ここまで読み切ったアナタ、DR-BT21GかDR-BT50を衝動買いしたくなりました? そんな方はAmazon.co.jpでDR-BT21Gを衝動買いするか、DR-BT50を衝動買いするか、楽天でDR-BT21Gを衝動買いするか、DR-BT50を衝動買いしちゃってください。

>> ワイヤレスイヤホン/ワイヤレスヘッドホン - P902iでBluetoothを徹底活用 全体へ